アーユルヴェーダへの扉 Ayure

ハーブやオイルの声をインドと日本からお届けします。

 >  アーユルヴェーダ3D理論 >  2015年 アーユルヴェーダ 12月 7日からの講習会

2015年 アーユルヴェーダ 12月 7日からの講習会

もうすでにアーユルヴェーダサロンをされている方、アーユルヴェーダトリートメントってどんな施術、
というかた、6日はわたしがデリーのサロンでしているトリートメントのステップばらばらでご紹介したいと思います。

ひとつひとつ感じるところが異なり、五感が開きます。細かい施術を学べる機会でも有ります。

1.ナスィアム 

デリーは北京どころでない大気汚染です。 多くの駐在員の方たちがのど、鼻にトラブルを抱えています。日本ではたぶん必要としなかった鼻に薬用オイルを垂らす、ナスィアムがデリーでは、求められています。

ところ変われば重要性があり、その大切さがわかります。

2.シロアビヤンガ

きちんとしたヘッドマッサージを、アーユルヴェーダのオイルで行います。
シローダーらより大切な毎日軽く行えるトリートメントです。頭、首、耳までを含みます。

3.腕のマッサージ

腕は人間の身体で一番良くつかわれる部位。アーユルヴェーダの施術でもしつこくしつこく、
肩から腕を丹念にマッサージします。

4.足のマッサージ

表と裏

足の指、腹、


これが6日のメニューです。

8日は実際にフルボディーの流れ、そしてキリの使い方の講習となります。

久保様のBLOGでよりくわしく公開中。<sana kubo
関連記事
スポンサーサイト
承認待ちコメント * by -

コメント






管理者にだけ表示を許可する

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
2015-11-28 * [ 編集 ]
Template Designed:*Essence
Material:web material *Essence