FC2ブログ

2015年 12月 アーユルヴェーダ施術講習会 8日9日

”””人間の骨と皮の間に脂肪が一番ないところ、また冷えているところ、”””””

肩 そして ひざ そして手や足の指 くるぶし、

キリを最初につかうところ、

脂肪が少ないところは冷たい風があたると、乾き、干からび、割れるかもしれません。
ひざの変形はまず守るために変形し、痛みを自らやわらげようとし、そしてまた変形のために痛み出すという繰り返しのようです。
そこが顕著に現れるのが指やひざ、
まず首からかたにかけてキリや暖かい指の腹手の腹で温められると
これはとても気持ちが良い、
ひざもキリを集中的に、腰も、
いかにその骨に近い酷使されている部分が熱をほしがっているか
また皮膚は薬用オイルを与えられることにより潤い、伸び、生き生きします。

また爪が冷えてる、つまり指先ですが、以外に以外つめ側にキリを与えるとその冷えが
心臓からふいごのように押し出される血液がそこに届いている切なさがわかるくらい
暖かさがつめに浸みとおりますよ。

簡単ですが、キリの熱でそういうう部分を丁寧に暖めることにより自分の身体を知ることにもつながります。
今回はダイナミックなアビヤンガ、キリではなくばらばらに分解して、
サロン様には取り入れていただき、個人様には自分を感じていただく
そんな講習会です。。

さて最終9日はがんばってキリもしくはアビヤンガで気の流れをつかんでみましょう、
トリートメントとは自分のエネルギーを合わしてゆく、途切れないで流れを作ることが大切です。醍醐味でもあります。
9日はアビヤンガのダイナミックさを体験し実践します。

これが初級コースのかたへの第一歩。
二回目以降の方はキリを使い、自分の手の一部になれるよう、実践します。

久保様のBLOGでよりくわしく公開中。<sana kubo

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
BLOG ランキング

FC2Blog Ranking

WEDJAT WELLNESS アユールウェルネス

NAOKO

Author:NAOKO
インドと日本を行き来しながら、
ハーブやスパイス、オイルなどの素晴らしさをご紹介していきます。この仕事も26年を迎えました。
デリーではサロンとヘナ(プラントピュア)を立ち上げ
4年になりました。是非ハーブの声を体感してください。
いつかお会いできればとてもうれしく思います。

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ