キリに特化したアーユルヴェーダ施術、安全な白髪染めヘナなどの正しい知識と効能などを詳しく公開して行きます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひとこと TIP
日本人には面白い特徴があって、テレビの宣伝をとても信じるという一面です。
バナナが良いと聞くと、スーパーからバナナが消える。
ココア、納豆、色々ありました。
アムラもある配布雑誌の中に宣伝があり、
アムラが髪に良いと聞くとアムラ、アムラと追いかけます。
もう一度立ち止まって、頭をスッキリ、クールに整理しましょう!
あなたは何のために、何が必要なのでしょう?
バナナをダイエットのために買いに走るのはストレスのような気がするのですが.....

インドの人々の中でアムラは昔から滋養強壮にすぐれたビタミンC豊富な食材です。
スッパイ=ビタミンC=抗酸化であり、アムラは熱を加えてもビタミンCが壊れにくいフルーツです。
押し付けられた宣伝ではなく、伝統にも食感にも、理解しています。

アーユルヴェーダの基本は例えばアムラだけよりも、
何種類かのハーブを配合したほうがその効果は最大限引き出されるという考えです。
だから、当社のアムラオイルことアユールKは、18種のハーブの配合です。

ハリタキ、ビヒタキ、アムラの組み合わせはトリファラという有名な組み合わせです。
もうひとつ大事なのは、あくまでも薬品で抽出されない、
そのまま丸ごとハーブを使う、素材に最重点
があります。

アーユルヴェーダオイルの作り方、
ハーブの採取
どのハーブのどの部分を使うか?  葉なのか枝なのか根なのか実なのか
どんな状態で使用するか?   
日干しか、日陰か、絞ったものか、乾燥させたものか
またそれぞれのハーブを採取する時期がとても大切になります。
ごま油で煮る
採取されたハーブはその種類で分けられ、決まった分量の割合でごま油で煮られます。
昔は炭火でしたが、今は熱いいオイルをボイラーで循環させたものを釜に巻き、決して直火などには
かけません。湯煎ではなく熱い油煎です。じっくりとエキスを抽出してゆきます。

濾す
そして、最後に一度フィルターにかけ、こします。そして再びそれぞれを1つの釜に入れ、再び煮ます。
どれくらいのハーブの量が絞り汁が必要か、見れば驚きます。
また何週間にもわたる製造時間です。
これはただ1つの行程であり、色々な行程の中での1つを紹介しました。
→ジグマハーバルレメディーズSHOPへ
factory.jpg


20060505212851.jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/06/27(金) 12:43 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://neem888.blog43.fc2.com/tb.php/78-198d7e2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。