FC2ブログ

シッダハとアーユルヴェーダ

ジグマ、ハーバルレメディーズ会社の社長であり、ドクターでもあるMr.プラケッシュ(光をともす、というニックネーム)は
朝九時から、晩九時まで、昔からの小さなシッダハ店に座る社長です。
シッダ医学を営む人間の基本は奉仕の心です。
日本語であらわすところの仁術です。
昼と晩の休憩の間に、人々が行列を作ります。

後ろが木の皮や、根っこ、石?の漢方が詰まった引き出し、

またカウンターの中には工場で作ったオイルなどが置いてあります。
先先代が座っていただろう椅子に彼もまた座り、脈診断します。

冷え性で低血圧のわたしに、大好きなブーリーをおかわりしないこと、と診断されました。
三回おかわりしますから、皆びっくり、マンゴージュースもときにはグラス2杯。
南では北と違って、わたしはよく食べ、よく眠り、よく屋台のサトウキビジュースを飲みます。
北ではもっぱらライムジュース砂糖なし炭酸入りです。

脱線しました、
彼は一週間に一度は、ボランティアでお金がだせない人々を診に出かけます。
それがシッダハドクターとしての戒律にようなものらしいです。
でも日本車大好きなやっぱり若い38歳の社長です。
トヨタの車が二台わたしたち外国の客人のために鎮座しています。

シッダハは薬草学であり錬金術です。アーユルヴェーダの使わないものを素材として使います。
水銀は必ず用いられ、製法は何日もの日を費やされます。
実はインドの一般の人々がアビヤンガなどのアーユルヴェーダを受けることは
経済的面で一般的ではありません。

どちらかというとシッダハに頼り、シッダハのほうが生活に深く溶け込んでいます。

タミルナドゥ州のいろんなところから、人々が彼の所にやってきます。
小さな村のお医者さんも材料を買いに来ます。
小さな薬草店は人で一杯。列ができます。
もちろん西洋の医学も必要です。
彼のお兄さんは西洋医学を学び医者です。

シロダーラ、アビヤンガなどは西洋の人々や外国人への若返りとして、観光化はどんどん
するのですがシッダハについては後退している感がします。
悲しいことです。

経済成長とともに、失われてゆく気がします。

インド中を飛行機で飛び回って、やっと偶然に出会えたジグマと当社は同じポリシーです。

さまざまな層の家庭の中に、シッダハの民間薬草を広めること、です。
わたしのしていることは、まだまだ足元にもおよばず、わかりやすいハーブからの
手ほどきしかできませんが。
家庭の中に病人を抱えた家族こそが、痛みをやわらげてあげたい、心が一番あり患者との信頼関係もあるはずです。
ジグマのドクターのように、シッダをする者は、お金で患者を診ません。患者は心づけを置いてゆくのです。
それが医者の源流ではと思ったりします。

キリなら一握りの薬草で治療ができます。
マッサージなら10ccで、十分手当てできます。




テーマ : 健康、美容、ダイエット
ジャンル : ヘルス・ダイエット

インド的シャンプー

シャンプーを作るのは、とっても抵抗がありました。

インドのスタッフはじめ、シャンプーは使ってないからです。

わたし自身も使わなくなりました。
ただやっぱり切っても切れないあの手軽さ便利さ

そこで只今考案中。

やはり
アロエベラははずせませんが、
ここでもやはり混ぜるものは自分で調合していただくように企画中です。

例えば

アロエベース(もちろんアロエベラ液汁 割合は配合最大まで)
のシャンプー基材に

ハイビスカス花パウダー を入れれれば  赤いエキスのシャンプー
ウコンを入れれば               黄色
ニームとハイビスカスリーフパウダーを入れれれば  緑
アムラ、ヘナ   でブラウン
また、抹茶入れれば お茶なんて?!
シャンプーの化学的なところを利用すれば短所も長所。
リタのデタージェントの力の配分が難しいかも。

カラフルな色の遊びが日替わりで楽しめます。


などなどいろいろ夢は膨らむのですが
後半年はかかりそうです。

今は手持ちのシャンプーで実験してください。
粉のサンプル八月から、差し上げます。
ハイビスカス花
ハイビスカス葉
シカカイ
アムラ
ヘナ
ニーム
など
少しずつですが
十分作れて楽しめます。
またそのころに詳しく紹介いたします。



テーマ : エコライフ
ジャンル : ライフ

最近の記事
BLOG ランキング

FC2Blog Ranking

WEDJAT WELLNESS アユールウェルネス

NAOKO

Author:NAOKO
インドと日本を行き来しながら、
ハーブやスパイス、オイルなどの素晴らしさをご紹介していきます。この仕事も26年を迎えました。
デリーではサロンとヘナ(プラントピュア)を立ち上げ
4年になりました。是非ハーブの声を体感してください。
いつかお会いできればとてもうれしく思います。

最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ